これを見ればわかる!スマホケースの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しくスマートフォンをゲットした際や、気分転換にスマホケースを変更される際に、「どういうケースがいいんだろう・・・」と考えられたことはありませんか?
スマホケースはデザイン性のみならず、機能性や目的に合った商品を選ぶことで、より長く使用することができます。
そこで今回は、スマホケースをタイプ別にそれぞれの特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。
ぜひ購入する際の参考にしてみてください。

目次

  1. ケースの必要性~そもそも必要なのか~
  2. ケースの種類
  3. ケースの素材
  4. ケースの特徴~手帳型ケース~
    ケースの特徴~背面型ケース~

ケースの必要性

そもそも、スマートフォンにケースは必要なのでしょうか?
スマホ利用に関する調査では、多くの方が「本体をキズや汚れから守るため」「ファッション性や区別化のため」といった理由でケース類を購入しています。
一方で、「ケースを付けないほうがオシャレ」「ロゴやデザイン性を活かしたい」といった考えを持っている方も少なくありません。
しかしケースを付けない場合ですと、圧倒的に傷つきやすく、スクリーンが割れやすいと、衝撃には弱いので、長くご使用したい場合であれば、ケースやフィルムを付けての利用がオススメです。

ケースの種類

スマホケースには様々な種類があり、最も人気高いのは、
・機能性が高い手帳型ケース
・コンパクトな背面型ケース
2種類です。後ほど詳しく説明します。

それ以外には、

  • バンパーケース
    スマートフォンの側面のみをカバーしているタイプ
    メリット:① 端末の本来のデザイン性を活かせる
         ➁ ロゴやマークを見せることができる
         ③ 軽くてコンパクト
    デメリット:① 付け外しの際に道具が必要
          ➁ 端末のデザインによっては対応しない
          ③衝撃に弱い
  • 防水ケース
    スマートフォンを水や水気から遮断できるタイプ
    メリット: 海、プールなどで使用する場合が多いが、お風呂場でも使用できる
    デメリット:チャックやジッパーを完全に閉めないと防水できない場合もある 
  • スマホポーチ
    スマートフォンとカギや小銭などの小物も同時に収納でき、ネックやショルダーストラップが付いているタイプ
    メリット:スマホをすぐに取り出して使える
    デメリット:ケース付けたままでは使用できない場合もある

などの商品も挙げられるので、シチュエーションや習慣に合わせて選ぶことが大切です。

ケースの素材

  • シリコン
    柔らかく柔軟性があり、滑りにくい
  • ポリカーボネイト
    薄くて軽い、耐久性や衝撃に強い
  • TPU
    シリコンとポリカーボネイトのいいとこ取り
  • アルミ
    高級感、耐久性、デザイン性が高い
  • レザー
    高級感、使い込むほど表情が変わる
  • PUレザー
    お手入れしやすい
  • ハイブリット
    耐久性や衝撃など強化する素材の組み合わせが可能

などがあります。

手帳型ケース
背面型ケース
手帳型 x 背面型ケース

▼手帳型ケース

スクリーンをしっかり覆いスマホを守ることができる手帳型ケース。
複数枚カードを入れられたり、スタンド機能が付いていたり、さらには片手で操作しやすいようベルトが付いているなど、+α機能がついているものが多いです。
また、カバーでスクリーン画面を隠せるので、電車の中や人が多い所でも、プライバシーを守る事が出来るため、人気が高いケースです。

素材としては、本革やPUレザーで作られているものが多く、本革は高級感があって、経年変化を楽しむことができ、PUレザーはお手入れが簡単で、とにかく丈夫で長持ちする、といった特徴があります。

デメリットとしては、開くまでにひと手間が必要であったり、蓋部分がパカパカしたり、夏場だと熱がこもりやすいことが挙げられます。


LooCoでは、スッと開けるようベルトを排除したデザインや、マグネット内蔵によって開いたときに蓋部分が背面にくっついて、スッキリしてパカパカしないタイプの手帳型ケースも取り扱っています。
(マグネット内蔵していない商品もございます。詳しくは各商品ページをご参照ください。)

おススメ手帳型ケース

・PUレザー使用ですべすべ手触り

・キズに強くお手入れしやすい

・マグネット付きでカバー部分がパカパカしない

・カードホルダー&スタンド機能付き

・ストラップホール/メッセージ刻印対応

1,000円(税込)

・厳選本革と天然木の組合せ

・一点一点模様が異なるためオリジナルに

・マグネット付きでカバー部分がパカパカしない

・カードホルダー&スタンド機能付き

・ストラップホール/メッセージ刻印/柄刻印対応

2,160円(税込)

・本革銀面使用で高級感たっぷりで長持ち

・操作性と安定感を向上させるベルト付き

・マグネットなしでカード収納可能安心

・カードホルダー&スタンド機能付き

2,980円(税込)


▼背面型ケース

片手でも操作しやすくぴったりスマホのシルエットに沿った背面型ケース。
軽くて薄いため、かさばることなく、本体を衝撃から守ることができます。
ストラップホールがついているタイプも多く、落下防止のためにストラップを簡単にすぐつけることができます。
よく動画を見たり、ゲームをしたり、夏場になるとスマートフォンがすぐ熱くなってしまう方には、背面型ケースの方がおススメです。


素材としては、PC、TPUやシリコンで作られているものが多いです。
PCやTPUは軽くて持ちやすく、スマホ本体にぴったりフィットします。
しかし、PCは薄くて硬い材質のため衝撃がスマートフォンに直に伝わりやすいことがデメリットとしてあげられます。
シリコン素材は弾力性があり、指に引っかかるような手触りのため、手から滑り落ちにくい特徴があります。
しかし柔軟性がゆえに使用していくうちに伸びて大きくなってしまうことがあります。

デメリットは、画面を下にして落としたときにダメージを受けやすいことや、保護フィルムと干渉してしまうこと、そして手帳型ケースのようにカードを収納できるなどの機能性がないことが挙げられます。


LooCoでは、機能性も備えたオリジナルデザインの背面型ケースを多種取り扱っており、着脱しやすく、ストラップホールも付いているケースが多数です。
また、強化ソフトフィルムを取り扱っており、ケースとは干渉しないよう、一回り小さく作られているので、セットでの購入もおすすめです。

おススメ背面型ケース

・PUレザーで軽くてお手入れしやすい

・オシャレなサフィアーノレザー風仕上げ

・マットな手触りで夏にもおすすめ

・便利なストラップホール付き

980円(税込)

・キズや汚れに強いナッパレザー

・取り外し可能なネックストラップ付き

・軽くて首の負担になりにくい

・ママさんやフェスなどにおすすめ

1,680円(税込)


▼手帳型 × 背面型ケース

手帳型ケース、背面型ケースにはメリットとデメリットがありますが、それぞれの良いとこ取りしたケースもあります。

手帳型ケースのように機能性がありますが、かさばらない。
背面型ケースのように軽くてコンパクトで、スクリーンの保護もできる。
そんな Fit シリーズ は、LooCo完全オリジナルデザインケースとなります。

Fitシリーズの特徴①通常ケースの約1/4!極薄カバー
スクリーンをしっかり守られるカバー部分は、わずか2mmという驚きのスリムさです。
また、背面部分も全部覆っていないので、一般的な手帳型ケースと比べると、そのコンパクトさは一目瞭然です。

Fitシリーズの特徴➁膨らみを抑えたカード収納付き
コンパクトながらも機能性を重視したデザインで、とても便利なカードホルダーが付いております。
さらに、カードホルダー部分が少し凹んでおり、収納した際の膨らみを最小限に抑えられるよう、工夫されています。

Fitシリーズの特徴➂端末に合わせた形で持ちやすい
カバーの角部分は、それぞれの端末に合わせた形で、本体との一体感を高め、より持ちやすく使いやすいです。
また、透明のコバを使用しているため、指が引っかかりにくく、スムーズな開閉も可能です。

・キズや汚れに強く、お手入れしやすい

・極薄でも機能性を損なわずに持ちやすい

・オシャレなバイカラーデザイン

・便利なストラップホール付き

1,480円(税込)


ここまでは手帳型、背面型、手帳型x背面型ケースの特徴とメリットやLooCoおすすめケースを紹介してきました。

スマホケースを選ぶポイントとしては

  • 機能性
  • デザイン
  • 素材
  • 価格

などの点から、ケースを選ぶときには、「第一条件」をまず考えてみましょう。
スマホの機種変更は2~3年程度が多いことも考慮して、お気に入りの一つを選んでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。